海外ジャーナルレビュー : 「癌」

早期乳がん術前化学療法へのペムブロリズマブ追加は有望:I-SPY2試験から
Effect of Pembrolizumab Plus Neoadjuvant Chemotherapy on Pathologic Complete Response in Women With Early-Stage Breast Cancer: An Analysis of the Ongoing Phase 2 Adaptively Randomized I-SPY2 Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:May 2020
巻:6
開始ページ:676
【背景】
早期乳がんの術後(または術前)では補助化学療法により再発リスクを低減することが出来るが、免疫チェックポイント阻害薬を追加する意義はあるか。University of ChicagoのNandaらは、ステージIIまたはIIIの高リスク乳がん患者に対する標準的術前化学療法に試験薬剤を追加する第2相適応ランダム化比較試験I-SPY2において、HER2陰性患者に対する術前化学療法へのペムブロリズマブ追加の有効性を評価した。
【結論】
対照群181名、ペムブロリズマブ群69名(うち29名がトリプルネガティブ)が解析に含まれた。HER2陰性患者における病理学的完全奏効率(pCR)はペムブロリズマブ群44%、対照群17%、HER2陰性・HR陽性患者ではそれぞれ30%、13%、トリプルネガティブ患者では60%、22%と、いずれも第3相成功の確率85%以上でI-SPY2試験を卒業となった。
【評価】
複数の製薬会社の薬剤を並行して検証するプラットホーム方式とアルゴリズムによる適応的ランダム化、ベイズ解析に基づく「卒業」など先進的なデザインで注目される同試験から、HER2陰性・HR陽性では初の卒業となった。トリプルネガティブ患者でのベネフィットは、最近KEYNOTE-522試験の結果(http://doi.org/10.1056/NEJMoa1910549)によって裏書きされている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site