海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

英では肥満原因死亡数が喫煙原因死亡数を逆転
Changes over 15 years in the contribution of adiposity and smoking to deaths in England and Scotland [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:BMC Public Health
年月:February 2021
巻:21
開始ページ:169
【背景】
先進国では禁煙がトレンドとなっているが、死因への寄与度は。英 University of GlasgowのPellらは、同国2003-2017年の健康調査データ(Health Surveys for England・Scottish Health Survey)に基づき、過体重・肥満・喫煙歴の年間報告数と全原因死亡数との関連を比較・検討する後向コホート研究を行なった。
【結論】
全死亡に対し、過去もしくは現喫煙が外的原因とされる割合は2003年の23.1%から2017年の17.9%に低下したが、肥満が原因とされる割合は17.9%から 23.1%に増加した。この転換は全体では2013年に起きた(男性2011年、女性2014年)。また65歳以上の高齢者では2006年に、45-64歳者では2012年に起きたが、45歳以下では転換は起きなかった。
【評価】
「肥満原因死亡」の定義が「喫煙原因死亡」より難しいため、この種の比較は初めてのようである。結論には留保が必要だが、ありえる変化である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site