海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

DHAサプリはT2D妊婦・胎児の膜脂質を改善する
Effect of docosahexaenoic acid-enriched fish oil supplementation in pregnant women with Type 2 diabetes on membrane fatty acids and fetal body composition-double-blinded randomized placebo-controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetic Medicine
年月:November 2014
巻:31
開始ページ:1331
【背景】
妊婦T2Dの胎児・新生児への影響をサプリメントで緩和する研究が多く行われている。英国Lipidomics and Nutrition Research CentreのMinらは、DHA濃縮サプリ摂取の、妊婦・新生児の赤血球膜脂質および胎児・新生児の体計測値への効果を検証するRCTを行った(n=117;対照:placebo)。
【結論】
600mg/dayのDHA摂取は、T2D妊婦とその新生児の赤血球膜ドコサヘキサエン酸異常の改善効果があったが、胎児・新生児体計測値への影響はなかった。
【評価】
International Society for the Study of Fatty Acids and Lipidsは妊婦にDHA300mg/dayを推奨しており、ここでの結果がそれ以上を要請するものかどうかは不明である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site