海外ジャーナルレビュー : 「癌」

ステロイドが乳がんの転移を促進する?
Glucocorticoids promote breast cancer metastasis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Nature
年月:March 2019
巻:567
開始ページ:540
【背景】
乳がんの進行につれて腫瘍の不均一性が増大し、転移性コロニー形成が起こるが、こうした過程の根本機序はほとんど明かされていない。スイスUniversity of BaselのObradovicらは、患者由来異種移植片モデルマウスにおいて、原発腫瘍と遠隔転移との間の不均一性を究明した。
【結論】
転移腫瘍で、グルココルチコイド受容体(GR)の活性が増加していることが見出された。ストレスホルモンであるコルチゾールとコルチコステロンのレベルは、健康マウス・無転移マウスより転移マウスで高かった。デキサメタゾンによるGR活性化は肺でのコロニー形成能の増大をもたらし、GR下方制御ではコロニー形成能の低下がみられた。またパクリタキセル投与マウスでのデキサメタゾン併用は、転移を増加させ、生存期間を短縮した。
【評価】
ストレスとがん進行との関連は検討されてきたが、本研究によりストレスホルモンががんの転移を促進するプロセスが明らかにされた。副作用対策として併用されることの多いステロイドが、化学療法の有効性を減じる可能性が示されたことのインパクトは大きく、さらなる検証が必要となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site