FDAニュース : 医療機器情報

Medtronic社製インスリンポンプMiniMed(TM)の複数モデルのサイバーセキュリティーリスクを注意喚起
Certain Medtronic MiniMed Insulin Pumps Have Potential Cybersecurity Risks: FDA Safety Communication [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/06/27
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Medical Device-
製品名:MiniMed(TM) insulin pumps
企業名:Medtronic plc
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:日本メドトロニック株式会社
【要約】
FDAは、Medtronic社製インスリンポンプMiniMed(TM)の複数モデルの潜在的なサイバーセキュリティーリスクについて注意喚起する。
【詳細】
FDAは、Medtronic社製インスリンポンプMiniMed(TM)複数モデルとソフトウェアバージョンの組み合わせにおける潜在的なサイバーセキュリティーリスクについて注意喚起する。このサイバーセキュリティーの脆弱性が悪用されると、ワイヤレス接続した第三者が、インスリンポンプの設定を勝手に変更して患者に深刻な問題を引き起こし得る。Medtronic社は患者に代替ポンプを提供し、問題の製品を回収している。これまで、この問題に起因した患者被害は知られていない。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 3 米国で販売が開始された第一世代closed loop機器の実際
  2. 糖尿病診療における医療機器の進歩
  3. 2 持続血糖モニター (CGM)
  4. インスリン療法アップデート
  5. 1型糖尿病合併妊娠に関するSensor Augmented Pump療法の有用性に関する検討
  6. スマートポンプの可能性


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site