海外ジャーナルレビュー : 「癌」

がん患者での禁煙補助薬、投与期間の延長で有効性増:ランダム化比較試験
A randomized controlled trial of 24 weeks of varenicline for tobacco use among cancer patients: Efficacy, safety, and adherence [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Psycho-Oncology
年月:January 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
がん診断後にも喫煙を継続することは治療の有効性を阻害し、死亡リスクを高めるため、癌患者での禁煙指導は重要である。University of PennsylvaniaのSchnollらは、近縁の希望を持つ診断5年以内のがん患者を対象に、7回のカウンセリングに加えて、バレニクリン12週+プラセボ12週または24週のバレニクリンを割り付けるランダム化比較試験を実施した(n=207)。
【結論】
24週・52週時点での点喫煙率・継続喫煙率に群間差はなかった。服薬順守は治療群の点喫煙率(オッズ比2.31)・継続喫煙率(5.82)と相互作用した。順守患者では24週群で点喫煙率(60.5% vs. 44.7%)・継続喫煙率(44.2% vs. 27.7%)とも高かった。副作用・有害事象・高血圧に群間差はなかった。
【評価】
NCCN禁煙ガイドラインが強調する通り、がん診断後であっても健康上の利益を得るのに遅すぎるということはないが、この集団で禁煙補助薬を検証したRCTは多くない(http://doi.org/10.1002/pon.4166)。この試験全体での禁煙成功率は高いとは言えないものの、アドヒアランスが長期服用の有効性を高めることが示された。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site