海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

外傷性出血での病院前トラネキサム酸は有効性示せず:STAAMP試験
Tranexamic Acid During Prehospital Transport in Patients at Risk for Hemorrhage After Injury: A Double-blind, Placebo-Controlled, Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:JAMA Surgery
年月:October 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
トラネキサム酸は外傷性出血治療の一部となっているが、その有効性は投与までの時間に左右されると考えられており、病院到着前の投与が検証されている。University of PittsburghのGuyetteらは、病院前で低血圧または頻脈のある外傷患者に対して、病院前トラネキサム酸またはプラセボの静注を割り付ける第3相多施設ランダム化比較試験STAAMPを実施した(n=927)。
【結論】
30日死亡率はトラネキサム酸群8.1%、プラセボ群9.9%で、ハザード比は0.81であったが、トラネキサム酸群の死亡率低下は非有意であった。受傷後1時間以内に投与された場合の30日死亡率は、トラネキサム酸群4.6%、プラセボ群7.6%とトラネキサム酸群で優った。また重症ショック(収縮期血圧70 mmHg以下)患者でも、トラネキサム酸群が優った(18.5% vs. 35.5%)。
【評価】
0.81というハザード比はCRASH-2試験のそれよりも優れていたものの、試験規模の小ささもあり全体では有意な差を示すに至らなかった。とはいえいくつかのサブグループではベネフィットが示唆されており、病院前トラネキサム酸は有望と言えよう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site