海外ジャーナルレビュー : 「その他」

パーキンソン病重症度をリアルワールド評価するスマートフォンアプリHopkinsPDを発表
Using Smartphones and Machine Learning to Quantify Parkinson Disease Severity: The Mobile Parkinson Disease Score [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:JAMA Neurology
年月:March 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
スマートフォンやスマートウォッチにAI診断能を搭載して、リアルワールドで患者をモニターする研究が流行している。Johns Hopkins UniversityのSariaらは、新開発アンドロイドアプリHopkinsPDのパーキンソン病(PD)患者評価能を検討した。5つのタスク遂行能をモバイルPDスコア(mPDS)で数値化して、患者のPD重症度を評価するプログラムである(n=129)。
【結論】
mPDSをPD患者の6,148回の活動評価から得た。総スコアへの寄与が最も大きかったのは歩行機能であった。0-100スケールでの日内変動は大きく(10.3ポイント)、mPDSは症状の変動を感知した。mPDSによる測定は国際運動障害学会パーキンソン病統一スケールの総計(r=0.81)・パートIII(r=0.88)・Timed Up and Go試験(r=0.72)・Hoehn & Yahr重症度分類(r=0.91)と有意に相関していた。ドーパミン療法より、mPDSは平均16.3ポイント改善した。
【評価】
印象的な結果で、メディアにも採り上げられている。検診・確定診断・薬効評価など利用範囲は広い。開発者は未だ改善点は多いとしており、更なる進化が期待される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site