海外ジャーナルレビュー : 「癌」

有害事象中止患者での免疫療法再チャレンジ、1/4で同じ有害事象発生
Immune Checkpoint Inhibitor Rechallenge After Immune-Related Adverse Events in Patients With Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:April 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
免疫チェックポイント阻害薬(ICI)はさまざまながんに対し大きな効果が示されているが、一部患者では免疫関連有害事象(irAE)により治療の中止を余儀なくされる。フランスCentre Hospitalier Universitaire de Caen NormandieのDolladilleらは、WHOの医薬品安全性監視データベースVigiBaseの安全性レポートを基にしたコホート研究を実施し、irAEによりICI治療が中止されたがん患者でのICI再チャレンジにおけるirAE再発率を調査した。
【結論】
24,079例のirAEが特定された。ICI再チャレンジに関連したirAEは6,123例で、うち再発などの情報が利用可能なものは452例(7.4%)であった。初回ICI治療時のirAEの再発は28.8%であり、大腸炎(報告オッズ比1.77)、肝炎(3.38)、肺炎(2.26)は再発率が高かった。副腎有害事象では再発率が低かった(0.33)。
【評価】
WHOデータベースを用いたこのテーマでは最大の研究となる。特にAEタイプ別の再発リスクデータは貴重で、ICI再チャレンジ時の薬剤選択にヒントを与えた。次のステップはICI再チャレンジの有効性を検討することである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site