海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

上腹部痛での制酸剤にリドカイン追加は無用:RCT
Antacid Monotherapy Is More Effective in Relieving Epigastric Pain Than in Combination With Lidocaine: A Randomized Double‐blind Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Academic Emergency Medicine
年月:September 2020
巻:27
開始ページ:905
【背景】
上腹部痛を伴う救急患者は、制酸剤単独ないし他薬剤との併用により治療されるが、リドカインとの併用は有効か。オーストラリアRoyal Melbourne HospitalのWarrenらは、救急の上腹部痛・消化不良成人患者を対象に、制酸剤単剤療法、制酸剤+2%リドカイン溶液、制酸剤+2%リドカインゲルを比較するランダム化比較試験を実施した(n=89)。
【結論】
治療30分後の疼痛スコア(100 mmのVAS)の変化は、制酸剤単剤群で20 mm減、リドカイン溶液追加群で17 mm減、リドカインゲル追加群ではで9 mm減(臨床的に非有意)であった。60分後の疼痛スコア変化はそれぞれ32 mm、26 mm、21 mmであった。
【評価】
制酸剤単独はリドカイン追加群と同等以上に有効であり、副作用や味の忍容も優った。現時点のエビデンスでは、救急の消化不良患者においては制酸剤単独で十分とみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site