海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

中等度・重度TBIでの病院前トラネキサム酸、効果示せず
Effect of Out-of-Hospital Tranexamic Acid vs Placebo on 6-Month Functional Neurologic Outcomes in Patients With Moderate or Severe Traumatic Brain Injury [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:September 2020
巻:324
開始ページ:961
【背景】
外傷性出血におけるトラネキサム酸(TXA)の有効性が確立されて久しいが、外傷性脳損傷(TBI)での有効性についてはいまだ議論がある。Oregon Health & Science UniversityのRowellらは、北米の外傷センター20施設、救急医療サービス39ヵ所において、GCSが12以下でSBPが90 mmHg以上のTBI患者を院外TXA+院内TXA(ボーラス維持群)、院外TXA+院内プラセボ(ボーラスのみ群)、院外プラセボ+院内プラセボ(プラセボ群)に割り付けるランダム化比較試験を実施した(n=1,063)。
【結論】
患者の平均GCSは8であった。6ヵ月時点での神経学的機能良好率は、TXA群65%、プラセボ群62%であった。28日死亡率はTXA群14%、プラセボ群17%で有意差はなく、6ヵ月DRSスコア(6.8 vs. 7.6)や脳内出血の悪化(16% vs. 20%)にも差はなかった。
【評価】
いずれのアウトカムもTXAで優位な傾向があったものの、パワー不足の可能性もあって有効性を示すには至らなかった。先行したCRASH-3試験では、軽度・中等度TBIでのみ効果がみられており(https://doi.org/10.1016/S0140-6736(19)32233-0)、重症度や脳内出血の有無によって効果が左右される可能性が高い。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site