FDAニュース : 医薬品情報

肛門性交を嗜好する性交渉者間のHIV感染予防(PrEP)のためにDescovyを承認
FDA approves second drug to prevent HIV infection as part of ongoing efforts to end the HIV epidemic [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/10/03
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:Descovy (emtricitabine 200 mg and tenofovir alafenamide 25 mg)
企業名:Gilead Sciences Inc.
国内製品名:
国内一般名:エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩
国内企業名:日本たばこ産業株式会社
【要約】
FDAは、膣性交を嗜好しない性交渉者間のHIV感染予防(PrEP)のためにDescovy(emtricitabine 200 mg and tenofovir alafenamide 25 mg)を承認した。
【詳細】
FDAは、体重35 kg以上の膣性交を嗜好しない青年・成人性交渉者間のHIV感染予防(PrEP)のためにDescovy(emtricitabine 200 mg and tenofovir alafenamide 25 mg、抗ウイルス化学療法薬)を承認した。成人・小児HIV-1感染患者の治療のためには2016年に承認済である。今回の予防目的使用の承認は、男性と性交渉をする5,387名のHIV陰性男性とHIV陰性トランスジェンダー女性を対象とした多国籍RCTの結果に基づく。一般的な副作用には下痢があった。本剤の服用中止に伴うHBV感染者のHBV感染症悪化リスクが、Truvada(emtricitabine, tenofovir disoproxil fumarate, 200 mg/300 mg)での報告に基づき特記警告されている。HIV陽性または状態不明者への投与は禁忌であり、服用中は3か月ごとにHIV陰性の確認を要する。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 感染曝露前予防 (PrEP)
  2. 新規HIV-1感染症治療薬エムトリシタビン/テノホビルアラフェナミド200/10mgおよび200/25mg (デシコビ配合錠LT, HT) の薬理学的特徴と臨床試験成績
  3. HIV感染症 / AIDS
  4. 宿主免疫によって選択される薬剤耐性変異とその世界分布
  5. HIV感染症の治療の進歩と現状
  6. コンドームの使用や予防としての治療を受ける, あるいは感染を軽減する性行動 (禁欲・節制) をとるMSMにおけるHIV感染曝露前予防 (PrEP) の効果


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site