海外ジャーナルレビュー : 「その他」

新型コロナウイルス(2019-nCoV)の初期症例データ:中国CDC報告
Early Transmission Dynamics in Wuhan, China, of Novel Coronavirus-Infected Pneumonia [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
中国湖北省武漢で2019年12月〜2020年1月に発生した新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染による肺炎(NCIP)の最初の425症例の分析データが中国から報告された。中国Chinese Center for Disease Control and PreventionのFengらによるもので、ウイルス陽性を確定した症例の患者特性・疫学指標推定である。
【結論】
425名の患者の年齢中央値は59歳、56%が男性だった。2020年1月1日以前発症例の55%は、以降発症例より武漢華南海鮮卸売市場との関連が強かった。潜伏期間中央値は5.2日、分布95パーセンタイルは12.5日であった。初期段階で流行規模は7.4日ごとに倍増した。発症間隔の中央値は7.5日、基本再生産数(R0)は2.2と推定された。
【評価】
NEJM 1月29日発表の報告であり、Lancet 1月31日発表のWHO関連香港大報告はR0を2.68、ダブリングタイムを6.4日としている (https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30260-9/fulltext)。2月1日現在アウトブレークは未だ指数期にあるが、ウイルスは完全に把握され、ワクチン開発参入企業・大学数は5以上である(https://www.sciencemag.org/news/2020/01/mining-coronavirus-genomes-clues-outbreak-s-origins)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site