海外ジャーナルレビュー : 「その他」

FXRアゴニストobeticholic acidはNASHをREGENERATEする?
Obeticholic acid for the treatment of non-alcoholic steatohepatitis: interim analysis from a multicentre, randomised, placebo-controlled phase 3 trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The Lancet
年月:December 2019
巻:394
開始ページ:2184
【背景】
Farnesoid X receptor(FXR)アゴニストobeticholic acidはNASH治療薬となるか。Virginia Commonwealth UniversityのSanyalら(REGENERATE)は、NAS≧4かつ線維化ステージF2-3もしくはF1(合併症を伴う)のNASH患者1,968名を対象として、同薬(10mg/25mg)の有効性・安全性を検証する第3相RCTの中間報告を行った(対照:プラセボ)。一次エンドポイントは、NASHの増悪を伴わない線維化改善(≧ステージ1)および線維化の増悪を伴わないNASH寛解である。
【結論】
介入群で有意な線維化改善がみられた(10mg:18%、25mg:23%)。NASH寛解は達成されなかった。主な有害事象は軽度〜中等度の掻痒と一過性のLDL-C上昇であった。
【評価】
NASHに対するFXRアゴニスト初の第3相試験の中間報告である。線維化の有意な改善が示され、肝バイオマーカーの改善もみられた。最終報告での肝臓・心血管系アウトカムの改善報告が期待される。他のFXRアゴニストtropifexor(FLIGHT-FXR; NCT02855164)も存在し、ケモカイン受容体阻害薬Cenicriviroc(TANDEM; NCT03517540)などの併用も期待できる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site