海外ジャーナルレビュー : 「その他」

手術時の麻酔深度は生命予後に影響するか
Anaesthetic depth and complications after major surgery: an international, randomised controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The Lancet
年月:November 2019
巻:394
開始ページ:1907
【背景】
手術時の麻酔深度と予後の関連は。ニュージーランドAuckland City HospitalのShortらは、手術(2時間以上、入院予定2日以上)を受ける合併症のある60歳以上の患者を、浅麻酔(目標BIS値50)と深麻酔(目標BIS値35)にランダムに割り付け、麻酔深度と予後の関連を検証するRCTをおこなった(n=6,644)。一次アウトカムは、1年全死因死亡である。
【結論】
一次アウトカムに群間有意差はなかった。グレード3有害事象は浅麻酔群で29%、深麻酔群で27%、グレード4は両群とも8%であった。
【評価】
医師・患者ともに気になる重要問題で長く研究テーマになってきているが、これはBalanced Anaesthesia Study Groupが組織した最大の本格国際RCTである。BISが推測する麻酔深度の浅深と術後一年の予後には差がなかった。麻酔は吸入麻酔が用いられTIVAの評価はされておらず、同グループによる更なる決定的RCTが期待される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site