海外ジャーナルレビュー : 「整形外科・理学療法」

股関節関連痛への理学療法介入のエビデンスを系統レビュー
Improving function in people with hip-related pain: a systematic review and meta-analysis of physiotherapist-led interventions for hip-related pain [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:整形外科・理学療法
ジャーナル名:British Journal of Sports Medicine
年月:June 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
股関節痛への理学療法(PT)介入の有効性に関するエビデンスは。オーストラリアLa Trobe UniversityのKempらは、14文献(n=542)を対象とするステマティックレビューとメタ解析を行なった。対象は股関節インピンジメントを含む股関節関連疼痛を有する18歳以上患者、アウトカムは疼痛軽減・機能改善である。
【結論】
14文献ともバイアスリスクが高く、プラセボ対照RCTは皆無だった。関節鏡検査後無治療と比べたPT指導下介入の機能改善への有効性の効果量は中等(0.67)であり、股関節鏡視下手術の方がPT指導下介入よりも統合効果量は大きかった(−0.32)。
【評価】
この主題に関するエビデンスの脆弱性は明らかである。効果量も機能改善においてのみで、疼痛軽減に関しては不明であるが、共通尺度が無いことが問題の一つでもある。患者報告転帰測定(PROM)においてもHAGOS・ IHOTが有用であるとの見方がある(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32066573/)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site