海外ジャーナルレビュー : 「整形外科・理学療法」

漸増的レジスタンストレーニングでMS進行を遅らせる
Can resistance training impact MRI outcomes in relapsing-remitting multiple sclerosis? [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:整形外科・理学療法
ジャーナル名:Multiple Sclerosis Journal
年月:July 2017
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
多発性硬化症(MS)は脳萎縮を引き起こすが、漸増的レジスタンストレーニング(PRT)に予防効果はあるか。デンマークAarhus UniversityのDalgasらは、PRTのMS病状進行予防効果を検討する24週のクロスオーバーRCTを行った(PRT先行:n=18、ウェイトリスト:n=17)。
【結論】
MSFCスコアは改善したが、EDSSスコア・病変量・全脳容積に変化はなかった。しかし、脳容量変化率(PBVC)にはグループ間差が有り(PBVC)、74の皮質領域のうち19の大脳皮質厚値の増加が観察された。また観察された変化は4領域(前帯状皮質・側頭極・眼窩溝[orbital sulcus]・下側頭溝)での皮質厚を比較した場合にも、確認・再現された。
【評価】
MS患者に積極的運動を推奨する流れがあり(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23788693)、最適モードが探索されているが、PRTの効果をMRIで確認した初めての研究である。著者らは効果の機序は不明としており、PRTを最終処方とはしていない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site