海外ジャーナルレビュー : 「癌」

乳がんサバイバーの妊娠は安全か:系統的レビューとメタ解析
Pregnancy After Breast Cancer: A Systematic Review and Meta-Analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:October 2021
巻:39
開始ページ:3293
【背景】
若年乳がんの予後は改善しており、妊娠・出産を希望する患者も少なくないが、生殖アウトカムと母体の安全性は依然大きな懸念点である。イタリアUniversity of GenovaのLambertiniらは、乳がん罹患後に妊娠した患者を含む研究をシステマティックレビューにより特定し、乳がん後の妊娠可能性・生殖アウトカム、母体の安全性を評価するメタアナリシスを実施した。
【結論】
39件の研究から、一般女性8,093,401名と乳がん女性112,840名(うち7,505名が診断後に妊娠)が含まれた。一般集団と比較して、乳がんサバイバーは妊娠の可能性が低かった(相対リスク0.40)。また、乳がんサバイバーでは帝王切開(オッズ比1.14)・低出生体重(1.50)・早産(1.45)・在胎不当過小(1.16)のリスクが高く、特に化学療法を受けたサバイバーで高かった。先天異常その他の生殖合併症に有意なリスク増加は認められなかった。妊娠を経験しなかった乳がん患者と比して、妊娠したサバイバーでは無病生存期間(ハザード比0.66)、全生存期間(0.56)とも良好であった。
【評価】
サバイバーでは妊娠が難しく、低出生体重や早産のリスクが増加した一方、先天異常などの生殖アウトカムに関するシグナルは認められず、生存予後は改善する傾向もみられた。若年乳がん患者のカウンセリングにおける土台となるデータである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site