海外ジャーナルレビュー : 「癌」

世界の新規がん発症の4%がアルコールに原因:2020年
Global burden of cancer in 2020 attributable to alcohol consumption: a population-based study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet Oncology
年月:August 2021
巻:22
開始ページ:1071
【背景】
飲酒は多くのがんと因果関係が認められている生活習慣であるが、その世界的な疾病負荷は。フランスInternational Agency for Research on CancerのRumgayらは、Global Information System on Alcohol and Healthから得られた2010年のアルコール消費量の推定と、WCRF Continuous Update Projectで行われたシステマティックレビューから得られた相対リスクの推定を組み合わせて、GLOBOCAN 2020のがん発症率データにおけるアルコールに起因する新規がん件数を推定した。
【結論】
2020年に新規発症したがんのうち、741,300件(4.1%)がアルコール原因と推定された。このうち76.7%は男性であった。件数順では、食道がんが189,700件、肝がんが154,700件、乳がんが98,300件と上位を占めた。アルコール原因の割合が少ない地域は、北アフリカ(0.3%)、西アジア(0.7%)で、東アジア(5.7%)、中央・東ヨーロッパ(5.6%)で高かった。アルコール起因がんの負荷は、重度飲酒者(一日あたり60 g超)で346,400件(46.7%)と最も大きく、リスク飲酒者(20〜60 g)の291,800件(39.4%)、中程度飲酒者(20 g未満)の103,100件(13.9%)と続いた。飲酒量が一日10 g以下でのアルコール起因新規がんは41,300件であった。
【評価】
アルコールが原因となった新規がんに関する世界規模のリアルタイム推定を与えた。疾病負荷が高い地域、飲酒量と負荷との関連も示し、グローバル公衆衛生政策のベースとなるデータである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site