海外ジャーナルレビュー : 「癌」

抗がん剤治療に用いる中心静脈デバイスは何が良い?:CAVA試験
Central venous access devices for the delivery of systemic anticancer therapy (CAVA): a randomised controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet
年月:July 2021
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
中心静脈(CV)ラインからの抗がん剤投与には複数のオプションが存在するが、いずれが優るのか。University of GlasgowのMossらは、トンネル型CVカテーテル(ヒックマン)、埋め込み型CVポート、末梢静脈CVカテーテル(PICC)の3種のデバイスの優越性・非劣性を検証するため、12週以上の全身抗がん剤治療を受ける成人患者に対し、ヒックマン・PICC・ポートに2:2:1、PICC・ヒックマンに1:1、ポート・ヒックマンに1:1、ポート・PICCに1:1の4種のランダム化オプションを選択してもらう多施設ランダム化比較試験CAVAを実施した(n=1,061)。
【結論】
合併症率(感染症・静脈血栓症・肺塞栓・逆血不可・機械的合併症・その他の複合)は、PICC群で52%、ヒックマン群49%と同程度であったが、PICCの非劣性は確認されなかった(オッズ比1.15)。ポートとヒックマンの比較では、ポート群29%、ヒックマン群43%と、ポートが優った(0.54)。ポートはPICCとの比較においても、各合併症率32%、47%と優った(0.52)。
【評価】
この問題についてはエビデンスが乏しく、主要ながん学会もデバイスについての具体的推奨は行ってこなかった。本試験は埋め込み型CVポートが、合併症発生率でヒックマン型やPICCに優れることを明らかにし、プラクティスの変更を促すエビデンスとなった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site