海外ジャーナルレビュー : 「癌」

高齢早期乳がん患者の化学療法毒性を予測するリスクツールCARG-BCを開発
Development and Validation of a Risk Tool for Predicting Severe Toxicity in Older Adults Receiving Chemotherapy for Early-Stage Breast Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:February 2021
巻:39
開始ページ:608
【背景】
高齢がん患者での化学療法による毒性を予測するリスクツールはいくつか存在するが、乳がん患者に関しては満足できる精度のものはない。University of RochesterのMagnusonらは、術前または術後化学療法による治療を受けた65歳以上のステージI-III乳がん患者におけるグレード3-5の化学療法毒性を予測するモデルを開発、検証した。
【結論】
開発コホート283名、検証コホート190名のうち46%がグレード3-5の化学療法毒性を発症した。特定された独立予測因子は、アントラサイクリン系薬剤(1ポイント)・ステージII-III(3ポイント)・計画治療期間3ヵ月超(4ポイント)・肝機能異常(3ポイント)・Hb低値(3ポイント)・転倒(4ポイント)・歩行能制限(3ポイント)・社会的支援の欠如(3ポイント)の8つであった。開発コホートにおける毒性率は、合計0-5ポイントの低リスク患者で19%、6-11ポイントの中間リスク患者で54%、12ポイント以上の高リスク患者で87%であった。AUCは開発コホートで0.75、検証コホートでは0.69であった。
【評価】
Cancer and Aging Research Groupによる化学療法毒性予測ツールは既に存在するが、本研究で開発されたCancer and Aging Research Group-Breast Cancer(CARG-BC)は乳がん治療に特化し、従来のモデルを上回る精度で毒性を予測した。高齢乳がん患者の治療をガイドするリスクツールとして有望である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site