海外ジャーナルレビュー : 「癌」

AML初回寛解後の経口アザシチジン維持療法:QUAZAR AML-001試験
Oral Azacitidine Maintenance Therapy for Acute Myeloid Leukemia in First Remission [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:December 2020
巻:383
開始ページ:2526
【背景】
急性骨髄性白血病(AML)での化学療法の寛解率は高いが、移植がオプションとならない高齢患者の多くで再発が問題となる。オーストラリアMonash UniversityのWeiらは、55歳以上のAML患者を対象に、集中化学療法後の初回寛解時における維持療法として経口DNAメチル化阻害薬アザシチジン(CC-486)またはプラセボを割り付ける第3相ランダム化比較試験QUAZAR AML-001を実施した(n=472)。
【結論】
全生存期間の中央値はアザシチジン群24.7ヵ月、プラセボ群14.8ヵ月と、アザシチジン群で有意に延長した。無再発生存期間も各10.2ヵ月、4.8ヵ月とアザシチジン群で優った。アザシチジンのベネフィットはほとんどのベースラインサブグループで示された。グレード3・4の有害事象として、好中球減少症(41% vs. 24%)、血小板減少症(22% vs. 21%)があった。アザシチジンの治療中、QOLは維持されていた。
【評価】
注射剤アザシチジン(経口用とは生物学的同等でない)による維持療法はAML 16試験が検証していたが、サブグループで有効性に差があった。本試験は、地固め療法やMRDの如何に関わらずMFS・OSを延長し、新たな標準となりうる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site