海外ジャーナルレビュー : 「癌」

ATR阻害剤が進行固形がん患者での第1相試験を報告
Phase I Trial of First-in-Class ATR Inhibitor M6620 (VX-970) as Monotherapy or in Combination With Carboplatin in Patients With Advanced Solid Tumors [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:September 2020
巻:38
開始ページ:3195
【背景】
ATRキナーゼは、DNA損傷に対する細胞の防御に関与し、前臨床研究では、ATRを阻害することで腫瘍の化学療法感受性を高めることが示されている。イギリスRoyal Marsden HospitalのYapらは、標準治療に抵抗性の進行固形がん患者(n=40)において、単剤またはカルボプラチンとの組み合わせでATR阻害剤M6620(VX-970)の安全性を評価する第1相試験を実施した。
【結論】
17名がM6620単剤投与を受け、安全かつ良好に忍容された。第2相での推奨用量は240 mg/m2となった。ATM喪失・ARID1A変異を有する進行大腸がん患者1名では完全奏効が達成され、29ヵ月時点でも奏効が持続していた。M6620とカルボプラチンを受けた23名では、高用量になると毒性が認められ、第2相推奨用量は90 mg/m2となった。プラチナ化学療法不耐・PARP阻害薬抵抗性となったBRCA1変異進行卵巣がん患者1名では部分奏効が達成され、15名では疾患安定となった。
【評価】
DNA損傷は腫瘍発生の根本原因であると同時に、腫瘍細胞を破壊する方法でもある。M6620は、DNA傷害に応答するATRを阻害するファーストインクラス薬剤で、単剤および化学療法との組み合わせを検証したこの第1相試験は、M6620が安全かつ一定の奏効が認められることを明らかにした。すでにberzosertibの名で、ゲムシタビンと組み合わせる第2相試験の結果が発表されている(https://doi.org/10.1016/S1470-2045(20)30180-7)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site