海外ジャーナルレビュー : 「癌」

再発膠芽腫でのニボルマブ利益示せず:CheckMate 143試験
Effect of Nivolumab vs Bevacizumab in Patients With Recurrent Glioblastoma: The CheckMate 143 Phase 3 Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:May 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
膠芽腫の標準的治療は外科的切除とその後の放射線治療・化学療法であり、近年では免疫チェックポイント阻害薬も検証されているが、明確なベネフィットは示されていない。Dana-Farber/Harvard Cancer CenterのReardonらは、放射線治療・テモゾロミド療法後の初回再発膠芽腫患者に、ニボルマブまたはベバシズマブを割り付ける第3相国際ランダム化比較試験CheckMate 143を実施した(n=369)。
【結論】
MGMTプロモーター領域のメチル化は、ニボルマブ群の23.4%、ベバシズマブ群の22.7%に、非メチル化患者はそれぞれ32.1%、36.2%であった(残りは未報告)。フォローアップ期間中央値9.5ヵ月で、全生存期間はニボルマブ群9.8ヵ月、ベバシズマブ群10.0ヵ月であり差はなかった(ハザード比1.04)。12ヵ月生存率は両群とも42%であった。客観的奏効率はベバシズマブ群で高かった(7.8% vs. 23.1%)。
【評価】
多くのがんでゲームチェンジャーとなっている免疫チェックポイント阻害薬だが膠芽腫に対しては芳しくなく、この試験でもベバシズマブと同等という結果となった。ネオアジュバント設定での使用が有望という報告(https://doi.org/10.1038/s41591-018-0337-7)があり、今後の検証に期待がかかる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site