海外ジャーナルレビュー : 「癌」

5-ARIは前立腺がんの発見を遅らせ、前立腺がん死亡率を上昇させる
Association of Treatment With 5α-Reductase Inhibitors With Time to Diagnosis and Mortality in Prostate Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Internal Medicine
年月:May 2019
巻:179
開始ページ:812
【背景】
5α還元酵素阻害薬(5-ARI)は前立腺肥大症の治療に用いられるが、前立腺がんリスクと関連するという報告がある。University of California San DiegoのSarkarらは、前立腺がん診断患者80,875名の集団ベースコホートにおいて、診断前の5-ARIと前立腺がん特異的死亡率およびその他のアウトカムを検討した。
【結論】
調整PSA値の最初の上昇から前立腺がん診断までの時間は、5-ARI服用者で3.60年、非服用者で1.40年と、5-ARI服用者で長かった。生検時点での調整PSA値、Gleasonスコア8以上の確率、臨床病期T3期以上の確率、リンパ節陽性の確率、転移の確率とも5-ARI服用者で高かった。また、前立腺がん特異的死亡率(部分分布ハザード比1.39)・全原因死亡率(ハザード比1.10)とも5-ARI服用者で高かった。
【評価】
5-ARIはPSA値を抑制することが知られる。PCPTおよびREDUCE試験では前立腺がん自体は減少した一方、悪性度の高い前立腺がんの増加が見られたが、本研究は5-ARI服用者での診断の遅れがこうした逆説的結果をもたらしている可能性を示唆する。服用者での定期的なPSAモニタリングが求められる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site