海外ジャーナルレビュー : 「癌」

医師はがん検診の害について患者に語りたがらない
Evaluating Shared Decision Making for Lung Cancer Screening [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Internal Medicine
年月:October 2018
巻:178
開始ページ:1311
【背景】
利益の確立されたがん検診であっても一方には害があることから、医師と患者がそのバランスについて話し合うことが重要とされる。University of North CarolinaのBrennerらは、プライマリーケア医または呼吸器科医とその患者との会話(n=14)について定性的内容分析を行い、低線量CTによる肺がん検診に関する意志決定の共有(SDM)が行われているか調査した。
【結論】
SDMの度合いを評価するObserving Patient Involvement in Decision Making(OPTION)スコアの中央値は、100点満点で6であった。12項目のSDM行動のうち8項目では、最小基準を満たす会話が1件もなかった。会話の時間は平均13分07秒で、うち平均59秒が検診について費やされた。医師はつねに肺がん検診を推奨し、検診の害についての議論は事実上存在しなかった。意志決定支援ツールや教育ツールは使用されなかった。
【評価】
予想される結果ではあるが、(ガイドラインの推奨にもかかわらず)がん検診に関するSDMは極めて貧弱であった。医師がSDMに消極的になる要因の探索、SDMを促進するための介入が必要とされている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site