海外ジャーナルレビュー : 「癌」

補完医療を受けるがん患者は通常治療を拒否する傾向、死亡リスクも2倍
Complementary Medicine, Refusal of Conventional Cancer Therapy, and Survival Among Patients With Curable Cancers [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:July 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
補完代替医療(CAM)の市場は大きなものとなっており、通常のがん治療を受ける患者でも補完医療を利用する例は多い。Yale School of MedicineのJohnsonらは、アメリカNational Cancer Databaseでの後向観察研究から、少なくとも1つの従来がん治療を受けた転移を有さない乳がん・前立腺がん・肺がん・大腸がん患者(n=1,901,815)で、補完医療の選択と従来治療の遵守率、がん生存率との関連を調査した。
【結論】
258名が補完医療を受けており、従来がん治療群の1032名とマッチングされた。補完医療の選択は従来がん治療の開始を遅らせることはなかったものの、外科手術の拒否(7.0% vs. 0.1%)、化学療法の拒否(34.1% vs. 3.2%)、放射線治療の拒否(53.0% vs. 2.3%)、ホルモン療法(33.7% vs. 2.8%)とも補完医療群の患者で多かった。補完医療の利用は、5年生存率の低下と関連し(82.2% vs. 86.6%)、独立した死亡リスクであった(ハザード比2.08)。
【評価】
同著者らが、通常がん治療ではなく代替医療を選択したがん患者について検討した姉妹論文でも死亡リスクは倍増した(https://doi.org/10.1093/jnci/djx145)。補完医療を利用する患者でのリスク増も従来治療の拒否によってもたらされている可能性が高い。現時点でCAMが標準的がん治療を置き換えうるとする証拠はないことは周知される必要がある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site