海外ジャーナルレビュー : 「癌」

口腔細菌叢は大腸がんと関連する
The oral microbiota in colorectal cancer is distinctive and predictive [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Gut
年月:August 2018
巻:67
開始ページ:1454
【背景】
近年、腸内細菌叢がさまざまな疾患に与える影響が注目されており、大腸がんとの関連も示唆されている。アイルランドUniversity College CorkのFlemerらは、大腸がん患者(n=99)・大腸ポリープ患者(n=32)・健康対照者(n=103)で、口腔・大腸粘膜・便中の細菌叢プロファイリングを行った。
【結論】
大腸がん患者の口内では、StreptococcusやPrevotellasなどの細菌が豊富であった。口内細菌叢による分類モデルは、大腸がんを感度53%、大腸ポリープを67%で弁別し、特異度は96%であった。便中細菌叢のデータと組み合わせた場合、感度はそれぞれ76%・88%に向上した。口腔バイオフィルム形成細菌を含め、大腸と口内の細菌ネットワークは類似していた。Lachnospiraceaeの豊富さは、西洋食および口腔細菌叢の腸内定着と負の相関を有した。
【評価】
腸内フローラと大腸がんとの関連は数年来のホットトピックであるが、この研究では口腔および便中の細菌叢の分析が、大腸がんを高精度で同定可能なことを示した。高繊維食がLachnospiraceaeの豊富さをもたらし大腸保護的に働く可能性も示唆された。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site