海外ジャーナルレビュー : 「癌」

大腸がん診断後のコーヒー摂取は死亡率を低下させる
Association Between Coffee Intake After Diagnosis of Colorectal Cancer and Reduced Mortality [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Gastroenterology
年月:March 2018
巻:154
開始ページ:916
【背景】
コーヒーの摂取は癌リスク低下との関連が示唆されている。Harvard T.H. Chan School of Public HealthのHuらは、Nurses’ Health StudyとHealth Professionals Follow-up StudyでステージI-III大腸がんの診断を受けた患者(n=1,599)で、半定量的な食物摂取頻度アンケートにより評価されたコーヒー摂取頻度と死亡率との関連を調査した。
【結論】
中央値7.8年の追跡期間中に、803名が死亡し、うち188名が大腸がんによる死亡であった。コーヒーを摂取しない患者と比較して、一日4杯以上のコーヒーを摂取した患者では大腸がん特異的死亡が52%減、全原因死亡も30%減少した。カフェイン入りないしデカフェコーヒーの高摂取(一日2杯以上)も大腸がん特異的・全原因死亡率の低下と関連した。また診断後の高摂取の継続も、大腸がん特異的死亡率の低下(ハザード比0.63)、全原因死亡率の低下(0.71)と関連した。
【評価】
がん診断後のベネフィットについての研究は少なかったが、大規模な医療従事者コホートで行われた本研究では、コーヒー消費と大腸がん死亡との用量依存的な逆相関が確認された。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site