海外ジャーナルレビュー : 「癌」

熱い茶による食道がんリスクは飲酒・喫煙者で大きい
Effect of Hot Tea Consumption and Its Interactions With Alcohol and Tobacco Use on the Risk for Esophageal Cancer: A Population-Based Cohort Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Annals of Internal Medicine
年月:February 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
熱いお茶の消費が食道がんのリスクと関連するとした報告があるが、既知のリスク因子である飲酒・喫煙に影響されている可能性もある。中国Peking University Health Science CenterのYuらは、同国10地域におけるがん診断歴のない成人の長期追跡調査から、熱い茶の習慣的消費と飲酒・喫煙・その他の因子との関連を調査した(n=456,155)。
【結論】
追跡期間中央値9.2年で、1,731件の食道がん発症が報告された。高温の茶の消費は、飲酒または喫煙と組み合わさることで食道がんリスクの増大と関連した。茶の消費が週1度未満かつアルコール消費が一日15 g未満の参加者と比較して、非常に熱い茶を飲み一日15 g以上のアルコールを消費する参加者では、食道がんが5倍となった(ハザード比5.00)。同様に、非常に熱い茶を飲む現喫煙者でもリスクが大きく上昇した(2.03)。
【評価】
IARCは「65℃以上の飲料」をグループ2A(「発がん性がおそらくある」)に分類している。この研究では、非喫煙・少量飲酒者では茶によるリスク上昇は見らなかったものの、喫煙・飲酒によるリスクを増強する可能性が示唆された。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site