海外ジャーナルレビュー : 「癌」

アルコール依存症治療薬のジスルフィラムに抗がん効果?
Alcohol-abuse drug disulfiram targets cancer via p97 segregase adaptor NPL4 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Nature
年月:December 2017
巻:552
開始ページ:194
【背景】
ジスルフィラムは、アセトアルデヒドの分解過程を抑制し悪酔いを生じさせることにより飲酒欲求を低減させる抗酒薬であるが、前臨床的に抗がん効果が示唆されている。チェコPalacky UniversityのSkrottらは、デンマークのがん患者のコホートにおいてジスルフィラム服用と死亡率との関連を調査、さらにマウスと細胞株を用いジスルフィラムの抗がん作用を分子生理的に検討した。
【結論】
がん診断時にジスルフィラム服用をやめていた患者と比較して、ジスルフィラム服用中の患者で全がん死亡率の有意な低下が確認された(ハザード比0.66)。がん細胞移植マウスでの検証では、ジスルフィラムの代謝産物であるジチオカルブ-銅複合体が抗腫瘍作用の原因として同定された。さらに生物物理学的解析から、この腫瘍抑制効果の分子標的がp97(VCP)セグリガーゼのアダプターであるNPL4であることが明らかにされた。
【評価】
ジスルフィラムについて示唆されてきた抗がん効果を多角的に検討し、基礎づけた。長年利用されてきた安価な薬でもあり、期待は大きい。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site