海外ジャーナルレビュー : 「癌」

患者ナビゲーションはがん検診受診率を高める
Patient Navigation for Comprehensive Cancer Screening in High-Risk Patients Using a Population-Based Health Information Technology System: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Internal Medicine
年月:July 2016
巻:176
開始ページ:930
【背景】
アメリカでは、がん治療における人種的・社会経済的格差に対処するために、患者ナビゲーション(PN)モデルが普及しつつある。Massachusetts General HospitalのPercac-Limaらは、プライマリケアITシステムにおいて乳がん・子宮頸がん・大腸がん検診を未受診の個人のうち、非遵守リスクの高い個人を同定、PN介入または通常ケアを割りつける集団ベースRCTを行った(n=1,612)。
【結論】
介入群のうち、19%では対象患者に到達せず、38%は介入が延期、ナビゲートが行われたのは32%であった。乳がん・子宮頸がん・大腸がん検診とも、対照群と比して、8ヶ月以内の検診受診率が有意に高かった。いずれかの検診を受けた患者は、介入群25.5%・対照群17.0%であった。
【評価】
がん検診の受診率や診断後のフォローアップ率には、人種的・社会経済的勾配が存在する。こうした勾配を是正するための積極的な介入が効果を上げている(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18780320、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24938303)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site