海外ジャーナルレビュー : 「看護・母子医学」

現代の若者死亡の60%超は男性
Global, regional, and national mortality among young people aged 10-24 years, 1950-2019: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2019 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護・母子医学
ジャーナル名:The Lancet
年月:October 2021
巻:398
開始ページ:1593
【背景】
現代世界の若者の死亡パターンは。GBD 2019 Adolescent Mortality Collaboratorsは、Institute for Health Metrics and Evaluation GBD 2019データに基づき、1950〜2019年204国・地域の10〜24歳の死亡数・喪失生存年数・死亡率を性別・年齢層別に分析した。
【結論】
10〜24歳の死亡者数は2019年で149万人で、その61%が男性であった。全死亡の32.7%は交通事故・負傷・暴力・紛争に、32.1%は感染性・栄養性・母親因に、27.0%は非感染性疾患に、8.2%は自傷行為によるものであった。1950年以降、この年齢層の死亡者数は女性で30.0%、男性で15.3%減少しているが、世界のほとんどの地域で死亡率の性別差が拡大している。特に10〜14歳では地理的偏差も増している。1980年以降は、感染性・母親因死亡が急減しているが、サハラ以南アフリカ・南アジアでは依然として一般的であり、青年期の死亡の半分以上を占める。1990年以降の15〜19歳の全原因死亡の年間減少率は男性で1.3%、女性で1.6%で、幼児死亡の減少率を下回った。世界の0〜24歳死亡中での10〜24歳の割合は、1950年から2019年間に9.5%から21.6%へと2倍以上になった。
【評価】
近年死亡した若者のほぼ3分の2が男性、特定地域で死亡率の男女格差が拡大している(ラテンアメリカとカリブ海地域で最大)、という高インパクトの報告である。
著者等は、過去のプログラムは「当然のことながら」女児の社会的条件に焦点を合わせており、男児は取り残されたといっている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site