海外ジャーナルレビュー : 「看護・母子医学」

低出生体重児へのコミュニティ主導カンガルーケア:インドでの大規模RCT
Effect of community-initiated kangaroo mother care on survival of infants with low birthweight: a randomised controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護・母子医学
ジャーナル名:The Lancet
年月:November 2019
巻:394
開始ページ:1724
【背景】
低出生体重児に対するカンガルーケア(KMC:皮膚と皮膚との接触および完全母乳育児)は有益か。インドCentre for Health Research and DevelopmentのBhandariらは、出生後72時間以内に体重1,500〜2,250 gであった新生児を対象に、コミュニティ主導の自宅でのKMCの効果を検証するRCTを行った(n=8,402、対照:通常ケア)。一次アウトカムは、登録後28日間・180日間の死亡である。
【結論】
KMCの一次アウトカム効果を認めた。死亡のリスク比は28日で0.7、180日で0.76であった。また、介入により、成長率・母乳育児率が改善し、感染率が低下した。
【評価】
KMCは有効性を示す研究も多く人気が高まっているが、中低所得国のリソースが限られた環境での救命介入としての有効性を確認した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site