海外ジャーナルレビュー : 「看護・母子医学」

婦人科癌放射線療法前後の膣内微生物叢:パイロット研究
Pilot Study of Vaginal Microbiome Using QIIME 2(TM) in Women With Gynecologic Cancer Before and After Radiation Therapy [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護・母子医学
ジャーナル名:Oncology Nursing Forum
年月:March 2019
巻:46
開始ページ:E48
【背景】
婦人科癌患者における放射線療法前後の膣内微生物叢(マイクロバイオーム)の特徴は。Emory UniversityのBaiらは、婦人科癌患者19名を対象に、放射線療法前後にQIIME 2(TM)を用いて膣内微生物叢を解析するパイロット研究をおこなった。
【結論】
方法は堅固であり、婦人科癌患者のほとんどで、Lactobacillusの枯渇を示した。放射線療法前に比べ、放射線療法後ではMobiluncus・Atopobium・Prevotellがより多く、細菌性膣炎に関連するLactobacillus・Gardnerella・Peptostreptococcusが少なかった。
【評価】
婦人科癌と膣内微生物叢の因果関係を調べる研究はある(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29844701)が、放射線治療前後を比較した研究は初めてである。放射線療法は腸内細菌種に影響し、対処法の検討が重要となっている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site