海外ジャーナルレビュー : 「看護・母子医学」

小児がんの子供に絵を描かせるdraw-and-tellインタビュー
Symptoms and Self-Management Strategies Identified by Children With Cancer Using Draw-and-Tell Interviews [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護・母子医学
ジャーナル名:Oncology Nursing Forum
年月:May 2018
巻:45
開始ページ:290
【背景】
絵を描かせて話させるdraw-and-tell interviewsは、小児がん患者の痛み評価に有用か。University of UtahのLindeらは、6-12歳の小児がん外来・入院患者を対象として、気分が良い日と悪い日に絵を描かせて完成後に半構造化インタビューを行い、絵とそれへの説明に関する質的分析を行った(n=27)。親からの影響は排除された。
【結論】
子供の絵は、症状自体に関連するだけでなくその自己管理戦略にも関連していた。吐き気・疲労・痛み・悲しみが最も頻繁に報告された症状であった一方、自己管理の戦略には身体的・心理社会的ケアが最も多かった。
【評価】
小児がん患者の症状評価尺度にはMemorial Symptom Assessment Scale(MSAS)があるが(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11779663)、客観的尺度によるものである。絵を描かせてそれについて話しあうと、子供自身が症状にどう対処しているかも評価できる。ただし著者らは、発達段階への十分な考慮が必要である、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site