海外ジャーナルレビュー : 「看護・母子医学」

バーコードによる投薬管理は有用
Impact of a Barcode Medication Administration System on Patient Safety [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護・母子医学
ジャーナル名:Oncology Nursing Forum
年月:January 2018
巻:45
開始ページ:E1
【背景】
投薬での人的ミスを軽減するためのバーコード管理は有用か。スペインPrincipe de Asturias University HospitalのMaciasらは、同病院の血液・腫瘍治療センターにおいて、バーコードによる投薬管理システムbarcode medication administration(BCMA)導入前後のエラー発生率・タイプ・重症度等を評価した(n=715)。
【結論】
BCMAシステムにより、投薬管理エラーの発生率・重症度が低減した。看護師と患者の接触時間も長くなった。
【評価】
世界的に導入が進んでおり、有用性に関する2016年の系統レビューは「十分ポテンシャルがあるが、まだエビデンスは少ない。導入機関はどんどん報告を出してほしい」と呼び掛けている(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5085324/)。最新モデルはモバイル端末を使っており、システムの進化も早い。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site