海外ジャーナルレビュー : 「看護・母子医学」

HR+乳がんサバイバーのAET経験を分析
Deconstructing Decisions to Initiate, Maintain, or Discontinue Adjuvant Endocrine Therapy in Breast Cancer Survivors: A Mixed-Methods Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護・母子医学
ジャーナル名:Oncology Nursing Forum
年月:May 2017
巻:44
開始ページ:E101
【背景】
ホルモン受容体陽性(HR+)乳がん患者の術後内分泌療法(Adjuvant endocrine therapy: AET)は再発リスクを低減するが、アドヒアランス向上のためのタイムリーな臨床介入が課題となっている。The University of TexasのBluethmannらは、HR+乳がんサバイバーのAET経験に関する定性的研究を含む混合研究を行なった(n=452:AET副作用の評価と管理の記述、AET開始・中止・継続の分析)。
【結論】
アドヒアランスが良好な参加者では、副作用の忍容・我慢強さが顕著だった。アドヒアランスが良好でない参加者は副作用がより忍容されず、副作用がひどい場合にはAETが有効であることも認知し難かった。すべての参加者で最も一般的な副作用は、更年期症状・関節痛で、認知低下・心筋梗塞はあまり一般的でなかった。アドヒアランスが良好でない参加者は当初モチベーションがあったように見えたが、副作用の忍容限度に達した後では、AETの維持/中止の決定に専門家の推奨があまり影響を及ぼさなかった。
【評価】
AETは何も「起こらない」ことを目指しているため、効果が自覚しにくく副作用が目立ちやすい。著者らは、「看護師は、副作用やAETのアドヒアランスを管理するために、臨床介入の計画と実施に関与すべき」としている。患者のAETアドヒアランスは、集学チームが治療している場合に達成される可能性が高い(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28152150)、という研究もある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site