海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

肥満女性は人工甘味料で食欲が亢進する?
Obesity and Sex-Related Associations With Differential Effects of Sucralose vs Sucrose on Appetite and Reward Processing
A Randomized Crossover Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:September 2021
巻:4
開始ページ:e2126313
【背景】
人工甘味料(NNSs)摂取後の食刺激への神経代謝反応はショ糖摂取後と異なるか、また肥満や性別との関連は。University of Southern CaliforniaのPageらは健康成人男女74名を対象としてこれを検証するランダム化クロスオーバー試験を行った。参加者には介入各3日、12時間絶食後にスクロースもしくはスクラロース(NNS)を含んだ飲料、または水(対照)が与えられ、ベースラインと飲料後血液検査を行い、視覚的高カロリー食刺激に対しする脳応答をfMRI測定した。その後バイキング形式で食事を与え、参加者の食欲を観察した。一次アウトカムは、性別・BMIの、スクロースに比してのスクラロース摂取後の内分泌・食欲反応、および視覚的高カロリー食刺激後の脳各部応答への効果である。
【結論】
肥満者は過体重・正常体重者に比し、またスクラロースはスクロースに比し、また女性参加者は男性参加者に比し、眼窩前頭皮質・内側前頭前皮質応答が大きかった。バイキング食での摂取カロリーも男性より女性の方が高かった。
【評価】
人工甘味料が脳活動や食行動に与える影響を検討する研究としては過去最大で、結果はメディアに広く採り上げられている。他方、人口甘味料は食欲を抑制する(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30997499/)、また長期の体重低下と関連するというレビュー(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33168917/)もあり、問題は論争的である。The International Sweeteners Association(ISA)はこの研究結果に対するステートメントを発表して、データが結論を支持しない、と主張している(Sucralose does not increase appetite! https://www.sweeteners.org/sucralose-does-not-increase-appetite/)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site