海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

セマグルチド、「減量薬」としての最終STEPを達成
Effect of Continued Weekly Subcutaneous Semaglutide vs Placebo on Weight Loss Maintenance in Adults With Overweight or Obesity: The STEP 4 Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:March 2021
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
GLP-1受容体作動薬セマグルチドの減量効果検証は、STEP試験として1〜3が成功をおさめている。Washington Center for Weight Management and ResearchのRubinoら(STEP 4)は、同薬療法の維持と終結の効果差を検討する第3a相RCTを行った。非糖尿病肥満患者902名の参加の下、導入期は全員に同薬の週1回皮下注射を行い、20週後2.4mg/週の維持用量に達した患者803名を2:1の割合で48週間のセマグルチド継続群とプラセボへの切り替えを行なう終結対照群に割り付けた。一次エンドポイントは、20週目と68週目の体重変化率である。
【結論】
セマグルチド継続の一次アウトカム効果を認めた(−7.9% vs. +6.9%、差−14.8)。また、腹囲・収縮期血圧・SF-36スコアでも継続群での改善が大きかった。消化器系有害事象は継続群で49.1%、終結群で26.1%報告があった。有害事象が理由の治療中止率は同等だった。
【評価】
一連の検証(STEP1[https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33567185/]・STEP2[https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33667417/]・STEP3[https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33625476/])のダメ押しと言えるもので、5ヵ月での断薬が好ましくないことを示した。FDAの決定は6月とみられるが、承認は確実であろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site