海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

Medtronicのファジー論理アルゴリズム実装最新ハイブリッド閉ループインスリンポンプシステム
A comparison of two hybrid closed-loop systems in adolescents and young adults with type 1 diabetes (FLAIR): a multicentre, randomised, crossover trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:January 2021
巻:397
開始ページ:208
【背景】
ファジー論理アルゴリズムを実装した最新ハイブリッド閉ループインスリンポンプシステム(Minimed 670G 4.0 AHCL)は、1型糖尿病(T1D)患者の血糖コントロールを改善するか。International Diabetes CenterのBergenstal(FLAIR)らは、これを検証するクロスオーバーRCTを行った(対照:Minimed 670G 3.0 HCL、n=113)。対象患者は診断後最低1年、インスリンポンプもしくはインスリン注射治療下でHbA1C値7.0-11.0%の14-29歳男女で、12週の介入後に群間クロスオーバーを行い更に12週の介入を行った。複合一次アウトカムは、日中血糖値>180 mg/dLの時間率と24時間中血糖値<54 mg/dLの時間率である。
【結論】
Minimed 670G 4.0 AHCLシステムのMinimed 670G 3.0 HCLシステムに対する一次アウトカム優位を認めた。日中血糖値>180 mg/dL時間率は37% vs. 34%、24時間中血糖値<54 mg/dL時間率は0.50% vs. 0.46%だった。
【評価】
Medtronic社のMiniMed 670Gシリーズのファーストバーションは2016年にFDA承認された。順調なバーションアップを続けており、著者らは、このバーションは妊婦などによいのではないか、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site