海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

肥満外科手術の延命効果を確認
Life Expectancy after Bariatric Surgery in the Swedish Obese Subjects Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:October 2020
巻:357
開始ページ:1535
【背景】
肥満外科手術は肥満患者の平均余命を延ばすか。スウェーデンSahlgrenska UniversityのCarlsson(SOS)らは、肥満外科手術を行なった患者2,007名と標準肥満治療を行なった対照患者2,040名、および同国無作為抽出SOSreferenceコホート1,135名を対象として、死亡イベント発生と平均余命とを比較する前向コホート研究を行なった。
【結論】
死亡イベント追跡期間中央値20〜24年で、全原因死亡イベント発生は手術群が対照群より少なく(HR:0.77)、心血管因死亡・癌原因死亡も同様だった。手術群の調整平均余命中央値は対照群より3.0年長かったが、一般集団より5.5年短かった。手術群の術後90日以内死亡率は0.2%、再手術率は2.9%であった。
【評価】
この問題を追求しているスウェーデンのSwedish Obese Subjects Studyグループの最新報告で、2007年の結論(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa066254)を上書きした。肥満外科手術の延命効果の強固な観察研究エビデンスである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site