海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

うつ合併DMに協調ケア介入
Effect of a Collaborative Care Model on Depressive Symptoms and Glycated Hemoglobin, Blood Pressure, and Serum Cholesterol Among Patients With Depression and Diabetes in India: The INDEPENDENT Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月: 2020
巻:324
開始ページ:651
【背景】
糖尿病(DM)ととうつの合併・併存は増加している。Emory UniversityのAliら(INDEPENDENT)は、2型糖尿病(T2DM)患者404名を対象に、インドで開発されたうつ病・DM合併患者に対する協調ケアモデルの効果を検証するRCTを行った(対照:通常ケア)。介入群は、非医師コーディネーターから12ヶ月の自己管理サポート等を受け、また医療チーム間の協調が図られた。一次アウトカムは、24ヶ月での以下の指標の群間差である:うつ症状評価(SCL-20)スコア(0〜4)の50%以上低下;HbA1cの少なくとも0.5%ポイント減少;SBPの少なくとも5 mmHg低下;LDLの少なくとも10 mg/dLの低減。
【結論】
協調ケア介入の一次アウトカム効果を認めた(71.6% vs. 57.4%)。介入群は対照群より心血管系イベント/入院・脳卒中・死亡が少なかったが、重度低血糖が多かった。
【評価】
NIMH等米の主要施設がバックアップした企画をインド大都市の多施設が実施した、という新型RCTである。通常のDM治療の中に最小変形でうつ病治療を織り込んでいくというモデルだが、実際の細部を他国で再現するのは難しそうである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site