海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

心肺フィットネスレベルと死亡リスクの関連は堅牢
Relevance of Fitness to Mortality Risk in Men Receiving Contemporary Medical Care [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:April 2020
巻:75
開始ページ:1538
【背景】
30年前の確定以後、心肺フィットネス(持久力)と死亡リスクの逆相関が一般にも認められているが、今もその関係は同じか。The Cooper InstituteのFarrellらは、47,862名を対象としてトレッドミルによる最大運動試験などを含む実測を行った。コホート1(n=24,475)は1971〜1991年に測定、1992年までフォローアップし、コホート2(n=23,387)は1992〜2013年に測定、2014年までフォローアップした。
【結論】
フィットネス3分位と全原因死亡リスク(コホート1 HR:1.0・0.60・0.53、コホート2 HR:1.0・0.76・0.52)、心血管因死亡リスク(コホート1 HR:1.0・0.55・0.43、コホート2 HR:1.0・0.84・0.52)に有意な負関連があった。癌死亡リスクに関してはコホート1のみで有意な関連があった。フィットネスレベル1MET増加毎の全原因死亡HR低下はコホート1で0.86、コホート2で0.87で、このような用量関係は血管因死亡・癌原因死亡でも同様だった。
【評価】
この30年前で医療は大きく変わったが、心肺フィットネスと死亡リスクの関連に大きな変化はみられなかった。習慣的運動の健康増進効果は確固としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site