海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

抗BET新薬apabetaloneはブレークスルーを貫けるか
Effect of Apabetalone Added to Standard Therapy on Major Adverse Cardiovascular Events in Patients With Recent Acute Coronary Syndrome and Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:March 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
Apabetaloneは BETファミリータンパク阻害薬で、ApoA-I・HDLの増強作用が期待されている。英Imperial College LondonのRayら(BETonMACE )は、同薬の急性冠症候群(ACS)後患者への効果を検証する第3相試験を行った(対照:placebo、n=2,425)。患者はT2Dを合併してACS後7〜90日以内であり、低HDL-C値であった。一次アウトカムは、心血管因死亡・非致死的心筋梗塞・脳卒中の初回発生までの期間である。
【結論】
Apabetaloneの一次アウトカム効果を認めなかった。介入群は肝酵素値上昇のため投薬中止が多かった。
【評価】
エピジェネティックにBETファミリータンパクを阻害するという興味深い薬である。著者らはパワーアップすれば有効性を示せるとみており、FDAはbreakthrough therapyステータスを認めている。未だ「失敗」薬ではない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site