海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

世界の受動喫煙死は減ってきたが、なお年間90万人
Estimated Worldwide Mortality Attributed to Secondhand Tobacco Smoke Exposure, 1990-2016 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:March 2020
巻:3
開始ページ:e201177
【背景】
先進国には禁煙の流れがあるが、受動喫煙(SHS)による早期死亡の世界的変動は。Mount Sinai HospitalのNarulaらは、Our World in Dataを元に1990〜2016年の世界データを解析した。
【結論】
世界的には喫煙者は1990年の8.5億人から2016年の9.9億人に増加していた。1990年ではSHS死亡指数(SHSI)は31.3/1だったが、2016年では52.3/1と改善が認められた。地域差は大きく、2016年中東・北アフリカでのSHSI:42.6/1に対し、北米では85.7/1だった。1年煙草パック数指数(PYI)でも同様の傾向が見られた。
【評価】
受動喫煙による早期死亡は減ってきている、という結果だが、世界で毎年約90万人が受動喫煙が原因で早期死している、という結果でもある。著者らは、受動喫煙死者は一旦減少したが最近アジア太平洋地域で再増加がみられる、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site