海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

T2Dは親の発症が早いほど自身の発症も早い
Effect of familial diabetes status and age at diagnosis on type 2 diabetes risk: a nation-wide register-based study from Denmark [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetologia
年月:February 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
2型糖尿病(T2D)発症リスクに関する遺伝子‐(家庭を含む)環境相互作用の問題に関する研究は累積されてきている。デンマークAarhus UniversityのRetanaらは、同国1995〜2012年の全国登録者べースのオープンコホート研究を行った(n=2,000,552)。
【結論】
中央値14年の追跡で766,633名がT2Dと新規診断された。父親・母親・同胞にT2Dのあった参加者は、なかった同年齢・同性者より発症リスクが上がった。IRRは家族の発症年齢が高くなるほど低下し、親が50歳 vs. 80歳で発症した場合のIRRは3.9 vs. 1.4、同胞が30歳 vs. 60歳で発症した場合は同3.3 vs. 2.0であった。
【評価】
定評あるデンマークの国家的ビッグデータの分析で、T2Dの発症に遺伝子性と家庭環境性が絡み合っていることを再び確認し、家族の発症が早いほど自身の発症も早い、という新しい知見をもたらした。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site