海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

思春期肥満と中年期がんの関連をビッグデータで確認
Adolescent obesity and midlife cancer risk: a population-based cohort study of 2.3 million adolescents in Israel [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet Diabetes & Endocrinology
年月:March 2020
巻:8
開始ページ:216
【背景】
がんの「原因」としての肥満の重要性は、タバコを置き換えつつある。イスラエルIsrael Defense Forces Medical CorpsのFurerらは、同国2,458,170名(1967〜2010年)の検査データに基づき、17歳時点でのBMIと中年期におけるがん発症・がん死亡との間の関係を検討した。
【結論】
BMIパーセンタイル増と癌発症リスクの関連を男性でのみ認めた(aHR:1.26[男性])。女性では関連は有意でなく、子宮頸がんと乳がんは逆相関した。ただし、両がんを除くと女性のaHRは1.27となった。男女ともに高BMI(85パーセンタイル以上)の場合には10年後のがん発症リスクが高まった。BMIは癌死亡リスクと正に相関し、人口寄与危険度は男性で5.1% 、女性で5.7% であった。
【評価】
すでに十分なエビデンスが積みあがっており、統一的に近い見解も発表されている問題だが(https://www.wcrf.org/sites/default/files/Body-fatness-and-weight-gain_0.pdf)、イスラエルからの兵役検査結果に基づく斉一的なビッグデータ解析で、重みがある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site