海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

BMIと全原因死亡の関連に決定的ビッグデータ分析
Association of BMI with overall and cause-specific mortality: a population-based cohort study of 3.6 million adults in the UK [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet Diabetes & Endocrinology
年月:December 2018
巻:12
開始ページ:944
【背景】
BMIと死亡リスクの関連に関し、最大・再包括的とみられる研究が発表された。英London School of Hygiene & Tropical MedicineのBhaskaranらによるもので、同国プライマリケア3,632,674名(非喫煙者)の統合データ(CPRD)を解析した。
【結論】
BMIと全原因死亡との関連はJ型であった。BMI 5 kg/m2増毎の推測ハザード比は、25 kg/m2以下で0.81、それ以上では1.21であった。BMIは、交通関連事故以外の全死因カテゴリと関連しており、関連型は多様だった。がん・心血管疾患・呼吸器疾患との関連はJ型で、21〜25 kg/m2で最低リスクであった。精神−行動−神経的および非交通事故では、BMIは死亡と24〜27 kg/m2まで逆関連しており、より高いBMIでは関連は低かった。自傷行為または対人関係暴力による死亡では、関連は逆リニアであった。40歳以後の平均余命は、BMI 18.5〜24.9 kg/m2と比べBMI ≧30.0 kg/m2男性で4.2年、女性で3.5年短く、BMI <18.5 kg/m2男性では4.3年、女性で4.5年短かった。分析に喫煙者を含めても関連は同様だったが、低いBMIでは喫煙とのわずかな交絡が示唆された。
【評価】
この問題に関する最終的ともいえる決定的分析であり、問題は「イギリス人の場合は」という制約だけであろう。「肥満のパラドックス」もほぼ完全に却下した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site