海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

中国では魚がT2D発症リスク
Red meat, poultry and fish consumption and risk of diabetes: a 9 year prospective cohort study of the China Kadoorie Biobank [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetologia
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
欧米研究で赤身肉の糖尿病リスクが報告されているが、中国人では。イギリスUniversity of OxfordのDuらは、2004〜2008年のChina Kadoorie Biobank登録者512,000名のデータの前向解析により、赤身肉・鶏肉・魚肉摂取と糖尿病発生の関連を検討した。
【結論】
体脂肪他の交絡因子の調整後に、赤身肉・魚肉のT2D発症リスクを認めた(摂取量50 g/日増毎のリスク増:各HR:1.11・HR:1.06)。両食材のリスクは都市部でより顕著だった。鶏肉摂取にはT2D発症リスクを認めなかった。
【評価】
赤身肉のT2Dリスクは報告が多いが、魚肉に関しては両論があり、2011年のBWH論文は、長鎖ω3脂肪酸がリスクである、としている(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20980491)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site